LINK
想像できずに突然起こってしまうのが交通事故です。そこで何をどうやって行動した結果が要因となり自動車保険金の支払金も相当大きく異なる時も予測できますので適切な考え方と行動が求められます。考えもしない状況にあって動揺してしまったならば重大な対処を見逃してしまい、後々自分自身がかなりの損をする場面もありえるので乗用車の事故に遭遇してしまった場合には次の対処を行います。車の事故をした時に最も初めにしなければいけないのが怪我人がいるかどうかのかを確認する必要があります。事故直後は気が動転するあまりぼうぜん自失となってしまう場合がありすぐに行動できないのが一般的です。ですから、怪我をした人がいたとしたら危険が少ないところに移動して応急手当をし救急車を呼ぶ等して負傷者の優先に努める必要があります。救急車を呼ぶ状況では的確な場所を連絡し不明確な状況では周辺の分かり易いお店や場所名を知らせ事故の現場の地点が判断できるようにします。その後で警察署へ通報して自動車の事故を起こしてしまった事さらに状況を連絡します。救急車と警察を待つ間に事故の相手の身元を聞きます。姓名、免許車のナンバー相手側の保険の会社名という各々の情報を教えあいます。この時に相手方に非があったような場合は事故現場でやりくりしようとするケースが考えれますがその場所でうやむやにするのではなく、どんな風な状況だったにせよ110番や保険会社に届け出て、判断してもらう事が大切です。関係者の情報を言ったら車の邪魔になるのを避けるために妨げとなる物道の上から取り除きます。どうしても被害が障害物になっている時にはお互いの情報の交換をするよりもこの対応を行っても問題は起こりません。その次に自身が加入している保険会社に電話をして交通事故があった事を連絡します。一定の時間内で保険屋さんに連絡を入れないと、自動車保険の適用除外にされることも考えられるので極力早く連絡を入れることが必要不可欠です。可能であれば交通事故の形跡として携帯等を使って事故現場や自動車の破損の写真を撮影しておきます。それは過失がどのくらいあるのか決定する時にとても大きな手がかりとできるので己のクルマや相手の車の状態をしっかりと証拠に残しておきます。この時に他の人がいたならば警察や保険屋さん着くまで事故現場にそのまま待ってもらうように依頼するのも忘れないようにしてください。