LINK
通学方法が自転車から電車に切り替わって以来、お供はずっと何かしらの小説です。 電車通学の最初のうちは、特にやることもなく、iPhoneに指を滑らせていたのですが、これは暇つぶしには限界があります。 ゲームもやりませんし、メールもほどほどにしかしません。であれば、iPhoneはさして暇つぶしにもなりませんでした。 そこで、何か良い方法はないかとインターネットで探していたところ、多くの人が「小説を読むこと」を挙げていました。 もともとそう小説を読むタイプではないのでなかなかに勇気がいりましたが、これが始めてみると面白い! 自分の知らない世界へと連れて行ってくれるのが楽しくて、あっという間にたくさんの本を読んでしまいました。 時間もつぶせるし、知識も仕入れられるしで一石二鳥、まさに電車のお供だなとしみじみしています。 おかげで、本屋さんにぷらりと立ち寄るのも、図書館にこもるのも、好きになりました。 世の中にはまだまだ、自分の知らない本が溢れているのだろうなと思うと楽しくなります。