LINK

私は子供が病気になると、決まってかかりつけの県立病院につれていきます。どろあわわ 楽天

子供は小さい時から県立病院の先生に見てもらっていたので、病院を変わることに抵抗がありました。ダイエットエステ 千葉県

気管支喘息を患っていたので、休日に見てもらえるところが1番だったんです。目の疲れ

でも子供が小学校に入学する年になり、県立病院で見てもらうのはちょっと無理があるような気がしました。ライザップ 町田店

県立病院の診察は午前で終了します。ライザップ 新宿店

午前に病院に連れていくと、小学校の勉強が遅れないかと心配になりました。すっぴんメイク ccクリーム

そこで近所の小児診療所を紹介してもらい、こちらで受診するようにしたんです。

ある日子供が40度の熱を出して、小児診療所につれていきました。

「熱が40度あるんです」 と小児診療所の医師に言うと、信じられない言葉が返ってきました。

「40度あったら死んでるよ」 頭にきました。

医師ともあろう人が、こんなことで良いのかと思いました。

そしてそこでの診察を拒み、また県立病院に戻ったんです。

以前の担当の医師が急きょ見てくれて、入院治療になりました。

だから今でも診療所の医師は信じられません。